Perl/CGI研究室 'PERL-LABO'

Perl/CGI研究室 'PERL-LABO' TOPへ
戻る(History.Back)

Plab Analyzer (多機能カウンター)

概要

各種のカウンターを1つにまとめたものです。 アクセスカウンターがメインで、それに ページビューカウンター、リファラーカウンター、検索キーワードカウンターを 追加したものと考えてください。

機能

  1. 各種カウンターを1つにまとめたものです。
     アクセスカウンター Plab Counter
     各ページの閲覧回数カウンター Plab PV Counter
     リファラー(リンク元)カウンター Plab Ref Counter
     検索語カウンター Plab Search Word
    これらの全ての機能を備えています。
  2. 複雑な設定はありません。設置後すぐに利用できます。
  3. 詳細画面にはそれぞれのカウンターの詳細画面へのリンクがあり便利です。

サンプル

カウンター表示サンプル

今日   昨日   計

[ 多機能カウンター 詳細画面のサンプルはこちら ]

利用規約

  1. このCGIプログラムはフリーソフトです。
  2. 改造、再配布もご自由にどうぞ。ただし、著作権表示は削除しないでください。
  3. 万が一なにかの損害が発生しても作者は一切の責任を負えませんのでご注意ください。
  4. ご利用される方は、できるだけ、当サイトへのリンクをお願い致します。 m(_ _)m
    リンクして下さると、作者がとても喜びます。こちらからもリンクするかも知れません。
    また、掲示板で 利用報告して頂けると嬉しいです。
  5. この利用規約は将来、修正や追加を行うことがあります。

ダウンロード

※ 上記利用規約に同意頂けた方のみご利用ください。

[ Plab Analyzer のダウンロード ]

設置方法

解凍

ダウンロードしたファイルを解凍ソフトで解凍してください。 次のようなファイルが含まれています。

[img]フォルダ
	0.gif 〜 9.gif
gifcat.pl
merged.pl
plabanalyzer.cgi
setting.cgi
Perlパスの変更

plabanalyzer.cgi をメモ帳などで開き、 1行目の次の部分を、お使いのサーバーのPerlへのパスに書き換えてください。

#!/usr/bin/perl
設定ファイルの修正

setting.cgi をメモ帳などで開き、各設定項目をご自由に変更してください。 なお、なにも変更しなくても問題なく動作します。 データファイル名以外は後からでも変更できますので、 画面の色などいろいろ試してみてください。

アップロード

これらファイルを貴方のウェブスペースにアップロードしてください。 cgi ファイルと pl ファイルはテキストモードでアップロードするのを忘れずに!

パーミッション設定

plabanalyzer.cgi に実行権を与えてください。これで準備完了です。

利用方法

カウンターの値を表示するには、 次のようにしてCGIプログラムをウェブページから呼び出します。 (URLはCGIプログラムを設置した場所を示すように変更してください。)

今日のカウント	<img src="plabanalyzer/plabanalyzer.cgi?v=today">
昨日のカウント	<img src="plabanalyzer/plabanalyzer.cgi?v=yest">
トータルカウント	<img src="plabanalyzer/plabanalyzer.cgi">

表示する桁数に合わせてあらかじめサイズを指定しておいた方がベターです。 同梱されている数字の画像ファイルを使う場合、1個 11x13 というサイズですので、 例えば3桁なら width=33、5桁なら width=55 といったサイズ指定になります。

Plab Analyzer のその他の機能を有効にするために、 次のようにして、Javaスクリプトを使用してCGIプログラムを呼び出してください。 画面には何も表示されませんが、各種解析処理が行われます。 (URLはCGIプログラムを設置した場所を示すように変更してください。)

<script type="text/javascript">
	document.write(
		"<img src=plabanalyzer/plabanalyzer.cgi?ref=" + 
		document.referrer + " width=1 height=1>"
	);
</script>

次のようにJavaスクリプトを別ファイルにすると便利です。

まず、次のような内容のファイル(ファイル名を inall.js とします)を作成し、 サイト内の適当な場所にアップロードしてください(仮に /script/inall.js とします)。 このファイルには SCRIPT タグは不要ですので注意してください。 CGIプログラムのURLを正しいものに書き換えることを忘れずに。

document.write(
	"<img src=plabanalyzer/plabanalyzer.cgi?ref=" + 
	document.referrer + " width=1 height=1>"
);

そして、全てのページに次の行を書き入れます。これでOKです。 (JavaスクリプトファイルのURLは正しいものに書き換えてください。)

<script type="text/javascript" src="/script/inall.js"></script>

既に、全てのウェブページから呼び出されるJavaスクリプトファイルがある場合には、 そのファイルの中に上の document.write 〜 というJavaスクリプトのコードを 追加するだけでOKです。

カウント詳細画面には次のURLでアクセスしてください。

plabanalyzer/plabanalyzer.cgi?v=graph

その他の設定項目などについては setting.cgi 内の説明を参照してください。

お問い合わせ

要望や不具合などは当サイトの 掲示板 からご連絡ください。

既知の不具合
  1. その日のアクセスカウントがゼロのとき、アクセス履歴の今日のところに前日のカウントが足されて表示されます。 その日のカウントがゼロでなければ、正しい表示がされるようになります。

更新履歴

v1.10各カウンターの改良に伴って総合カウンターもバージョンアップされました。
v1.01再訪問カウントに対応。
v1.00配布開始。
Perl/CGI研究室 'PERL-LABO' TOPへ
戻る(History.Back)

Copyright (c) 'PERL-LABO' All Rights Reserved.  リンクフリーです。